In Our Dreams

In Our Dreams

ワタシの中のあれやこれや

<< 動き出した | main | 自分メモ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pagetop↑

折り返し

いよいよ折り返しですね。

今年のEndless SHOCKは光一さんの狙い通りに見ごたえのあるシーンが増えて、
3時間があっという間に過ぎてしまう。
そして何度見ても新しい発見や感動があって決して飽きることがない。
すばらしい舞台だと改めて思います。

堂本光一の凄さは本当に限界がないこと。
昨日よりも今日、今日よりもきっと明日のほうがすばらしいものを
見せてくれるという期待を裏切らない。
そんな光一さんを知ってほしくて
今年はいろんな初見の友達(親も)を連れて行くつもりでいろいろ
画策しているところです。

ストーリーも洗練されてわかりやすくなってるんだけど
いろんな部分が変わってきてるな〜と感じているんで私なりのメモ。

ウチが去年よりも(そして博多座よりも)バリバリのライバルって
感じじゃなくて、及ばないのをわかってるけど足掻いてる(ダダこねてる)
キャラになってるような気がしました。
オンへの誘いの話を聞いて「チャンスだ」と思うときも、
ギラギラの野心ではなく「大きいとこいったら俺もビッグじゃん?」
みたいなちょっと「近道狙ってる」感じ。
だからコウイチの「大体、大劇場に行ったとして?(←この語尾の上がり方好き)今のおまえに何ができるんだ?」って言葉になったのかなって。
事件のあった楽屋でも、「Show must go on」を口にするコウイチに、
「またそれかよ〜」と地団駄踏みながら反論する姿が
明確な対立するポリシーがあって向かっているのではなく、
絶対的な存在のコウイチに対する、例えるなら
「宿題やったの?」「うるさいな〜」のような反抗心からのやりとりに見えるし、
刀のすり替えも、憎しみや殺意ではなく、
本当にただちょっと「困らせようと思っただけ」という感じが
より強くなっているように思います。
(だからといって救われるものでもないんですけどね)

コウイチはコウイチで、オーナーに「どうするつもりだ?」と聞かれて、
「大劇場に行くことがあいつらのためになるのなら」と言っていた昨年までから
オレたちのためになるのなら」と他人事(というか上から目線?)で
はなくなったことで、
オフでは彼自身もカンパニーの絆を感じていたことが明確になったように感じます。
(ふぉーゆーたちとも仲良しだしね)

初期のEndlessSHOCKのただひたすらに孤高のスターだったコウイチと
オフの時点から綻びが見え始めていたカンパニーという関係が
今回は、うまくいっていたはずのコウイチを頂点としたカンパニーが
オンという魔物のような場所で一気に崩壊したというメリハリが
利いた見え方になったことで、
再度みんながつながり一歩踏み出す姿が一層感動的になったんじゃないかなって。

ウチのキャラはかつてのライバルで言えばリョウタイプなのかもしれませんが、
リョウの時は、彼のコウイチに対する思慕とコウイチの孤高の存在感が
私にとってかみ合わなくて当時とってもモヤっていた記憶があるんですが
(亮くんの芝居は上手いと思ってますよ)
今のshockはコウイチ自身の変化と相まってしっくりきてます。

そしてウチだけでなく、米町はもちろんふぉーゆーもそれぞれに
コウイチを失ったことでいろいろ悩んでたんだけど
再びコウイチと踊ることで乗り越えていく力を得たってのが
よりわかりやすくなったこともすごくうれしい変化です。
コウイチが夜の海で倒れたあとの空間に当たっている四角く切り取られた
センターライトを見つめてそこにいないコウイチを思い、
そして顎を上げて決意を新たにするみんなの表情が大好きです。
そしてそれを暖かく見つめるコウイチももちろん大好きw
(泣きながら双眼鏡でみんなの顔を嘗め回すようしてる自分は
われながらキモいですが)
こうやって考えれば考えるほどHigher&ONE DAYの与えた効果ってすごい。
光一さんってすごい。
DVDはもちろん、サントラというかCDもぜひ出していただきたいです。

とまあ、書いてみれば予定通りなオチになってしまったわけですがw
まだ2ヶ月もあの場所でSHOCKが行われるという幸せにとっぷりつかりながら
私は私でカンパニーに負けないように自分の世界でもがんばりますよ〜
SHOCK | comments(0) | trackbacks(0) | pagetop↑

スポンサーサイト

- | - | - | pagetop↑

Comments

Post your Comment

Trackbacks

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>





Entries
Comments
Trackbacks
Archives
Other